アンテキヌスのwikiは?生態がヤバ過ぎると話題に!画像や動画が気になる!

この記事は2分で読めます


アンテキヌスというネズミに似ている有袋類のオスの

生態がヤバ過ぎるとネット上で話題になっています。

なんとも交尾のし過ぎによってその後は死亡してしまうという

結末がインパクト大だったようです。

スポンサードリンク


 
アンテキヌスとは??
 

残念ながらアンテキヌスのwikiは作成されていないのです(´_`。)

詳しく知りたいところですが、情報自体もあまり

出回っていないようですね。

テレビで取り上げられ、その生態がすごいと話題になっているので

もっと詳しく知りたいと思っている方も多いはず。

 

食虫有袋類の一部の種が、なぜ交尾の後に死んでしまうのかという疑問は

、数十年にわたり科学者らの頭を悩ませてきた。これまでに唱えられた説では、

「けんかが原因」や「子孫に食べ物をより多く残すため」といった推測がなされていた。

生殖を1回だけ行って死ぬ生物は、植物や一部の魚類では一般的だが、哺乳類では非常に珍しい。

この珍しい哺乳類の例として、ネズミに似た「アンテキヌス(antechinus)」や

オポッサムに似た「オファスコガレーヌ(phascogale)」などの小型有袋類が挙げられる。

フィッシャー氏「一度に多数の雌と12~14時間も交尾を行い、

競争のように交尾するために筋力と体内組織の限りを尽くし、

持てるエネルギーのすべてを使い切る、これが彼らのしていること。これは性的選択だ」

とAFPに語る。「雄たちはこうした究極の方法で交尾して、自らの命を絶つのだ」

引用:http://www.afpbb.com/articles/-/3001079

 

生殖を1回だけというのは確かに珍しいというか、

聞いたことありませんでしたね~。

 

それにしても12~14時間って相当な長さですよね!

正直それだけ体力使うと命を絶ってしまうのも仕方ないのかも。

と思ってしまいます。

 

とりあえずアンテキヌスさん凄いですね。

 

 

スポンサードリンク



 

アンテキヌスについての反応
 

 


 


初めて聞いた名前ですが、こんなすごい生物がいたとは・・・!

 

短い人生の中の最後の最後で一気にエネルギーを使い尽くすみたいです。笑

 

色々な生物が世の中にいますが、その中でもかなり印象的な

動物ですね!w

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
SponsoredLink

コチラの記事もオススメです♪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP