アロマの効果はすごい!風邪の予防に大活躍!インフルエンザにも負けない!

この記事は2分で読めます


アロマタイトル

これからの季節、寒さで様々な悩みがでてきますよね。

インフルエンザ、冷え性、憂鬱な気分、風邪などに負けない環境づくりに

アロマを取り入れてみませんか?

アロマは種類によって様々な効き目があり

あなたの生活をより豊かで快適なものにする

お手伝いをしてくれますよ♪

スポンサードリンク


 風邪・インフルエンザ対策に効果あり!

 

風邪予防に役立つアロマはティートリー」「ユーカリ」「ラベンダー

ペパーミント」「ローズマリーです。

 

これらのアロマには抗ウイルス作用、抗炎症作用、去たん作用、

抗真菌作用、抗菌作用があるので風邪の予防にもってこいです!

 

芳香浴で予防する

アロマポット(キャンドル式芳香器)やアロマディフューザーを

使い、部屋に香りを広げて効果を得る方法です。

アロマテラピーの一般的な方法で実践している方が多いやり方です。

 

マスクの中に垂らして使用する

マスク

この方法ならば、外出している時や移動している時にも

アロマを気軽に取り入れることが出来ます。

ティッシュまたはコットンに精油を1滴垂らしたあとに、

二つ折りか四つ折りにしてマスクの中に入れましょう。

香りが強すぎる場合は、精油を無水エタノールで

希釈したものをマスクにスプレーして使用しましょう。

 

冷え性対策に!リラックスしながら健康な身体へ

 

冷え性に効くアロマはラベンダー」「ジュニパーベリー」「マジョラム

ローズマリー」「レモン」「オレンジ・スイート」「ユーカリ

です。

冷え性は、肩こり、生理痛、倦怠感、、頭痛などの原因にもなりますので

日頃から対策をしていき、体調不良を改善していきましょう。

 

アロマバスで身体を温める

バスタイム

お風呂にアロマを入れて身体を温めながら、冷えを改善していきましょう。

お風呂に浸かることで心身共にリラックス出来、

高い効果を得ることが出来ます。

お湯はぬるめの38度前後に設定し、精油を3~5滴程度落とします。

よくかき混ぜてから入浴しましょう!

足浴や手浴

時間がない時には、部分的に温めていく方法でも

十分に効果が期待出来ますよ。(^^)

洗面ボウルの中にお湯を入れて1~3滴ほどのアロマを入れて

10~15分程度浸かりましょう!


イライラや「冬季うつ」にも!心を落ち着かせてくれます

 

寒い季節は日照時間が短くなり、日光を浴びる機会が少なくなります。

そうなると脳内物質のセロトニンが減少し、憂鬱感、無気力、

不眠や食欲減退などの症状が表れてきます。

そのような冬季うつにもアロマを使い、症状を軽くしていきましょう。

効果的なアロマはベルガモット」「オレンジ・スイート」「ゼラニウム

カモミール」「ラベンダーです。

上記にある方法を色々と試してみましょう。

疲れた時は心も身体もゆっくり休めて、リラックスしながら

しっかりと睡眠をとりましょう。

女性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
SponsoredLink

コチラの記事もオススメです♪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP