三東ルシアを襲った膠原病(強皮症)とは?難病と闘うシングルマザー

この記事は2分で読めます


1973年頃から里美レイという名前でCMモデルとして

活躍していた三東ルシアさん。

以前に爆報!THEフライデーという番組で

膠原病(こうげんびょう)という難病と闘っている

ことが取り上げられました。

シングルマザーとして息子を育てながら

闘病生活を送っている三東ルシアさんについて

調べました。

スポンサードリンク

 

三東ルシアのプロフィール

 


本名:尾身智美

生年月日:1958年10月1日

出身地 :神奈川県横須賀市

星座・血液型:天秤座・A型

サイズ:身長158cm・体重41Kg

B83cm・W56cm・H85cm・シューズ23cm

学歴:日本女子体育短期大学付属二階堂学園高等学校卒

趣味・特技:ジョギング・パチンコ・

華道(古流小原流)・着付け(一級助講師)


 

1974年に芸名を三東ルシアに変更し、

歌やドラマ・バラエティなどで活躍していた

ルシアさん。

平凡パンチ、週刊ポストなどの雑誌でグラビアを飾り

当時は月53誌に登場することもあったのだとか。

 

しかし1989年に突然芸能界を引退。

1988年にグラビアのお仕事が激減したことによって、

生活に苦しくなったルシアさんは副業でホステスに。

この噂が所属事務所の耳に入り、芸能界をやめ

ホステスの道へと行きました。

 

 

 

 


シングルマザー?三東ルシアの家族について

 

三東ルシアさんは35歳の時に

お見合いで知り合った一般人の大工の方と

結婚。

40歳で長男を産みましたが、出産直後相手の方とは

性格の不一致で離婚することに。

その後、芸能界へ復帰をしました。

 

 

40歳での出産はかなり大変だっただろうと

思います。

加えてシングルマザーとして女手ひとつで

息子さんを育てていますから、

その苦労は相当なものでしょうね。

 

 


三東ルシアと膠原病(こうげんびょう)

 

現在三東ルシアさんが闘っている病気

膠原病(こうげんびょう)。

 

膠原病とは、

 


全身の複数の臓器に炎症が起こり、臓器の機能障害をもたらす一連の疾患群の総称。

典型的な症状として発熱・皮疹・倦怠感・関節痛・関節炎・筋肉痛・内臓病変・

レイノー現象などがあげられ、女性に多いのも特徴である。

慢性に経過し、寛解と再燃を繰り返しながら進行することがある。

多くの場合に自己免疫疾患としての機序が関与していると考えられており、

完全な病態の解明は、未だ成されていない。

【wikiより引用】

 

三東さんの場合、強皮症(きょうひしょう)と呼ばれる

症状で、皮膚や内臓が固くなってしまい、

寒くなると指先の血管が収縮して血が通わず真っ黒になって

しまいます。

 

なんとも恐ろしい病気で、5年生存率40%、治らないと医者に

宣告され、病気が進行しないように

1日に15錠もの薬を飲んでいたそうです。

 

指先の血管が収縮したまま壊死しないように

厚手の手袋をはめ、電話オペレーターや保険のセールスを

しながら子供のために奮闘していました。

 

その後も薬の副作用のせいで、2年前に転倒し大腿骨を骨折。

7ヶ月間入院し、人工骨移植を行いました。

現在はリハビリをしながら、骨を丈夫にするため7種類の薬を

1日20錠以上も飲み続けているそうです。

しかし、今回爆報!THEフライデーでまた新たに

難病が・・・。との情報があります。

三東さんの身体が心配ですね。

息子さんのためにも病気がこれ以上進行

しないことを願うばかりですね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
SponsoredLink

コチラの記事もオススメです♪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP