子供がノロウィルスに感染した時に食事で気をつけるべき3つのポイント!

この記事は2分で読めます


ノロウイルスに感染した時の乳幼児の症状と

注意すべきポイントについてご紹介します。

スポンサードリンク


 

ノロウィルスとは?

ノロウイルスは、ウイルス性食中毒の原因物質のひとつであり、また、感染性胃腸炎の原因物質のひとつでもあります。
ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、一年を通して発生していますが、特に冬季に流行します。

ノロウイルスは手指や食品などを介して、経口で感染し、ヒトの腸管で増殖し、おう吐、下痢、腹痛などを起こします。
ノロウイルスは、感染症と食中毒を引き起こし、しかもその両者は表裏一体であるため、食中毒と感染症の両方の観点から対策をとらなければなりません。

 

引用元:http://pro.saraya.com/sanitation/noro/norovirus/

 

 

幼児のノロウィルスの症状

 

ノロウイルスの症状ですが

以下のようなものがあげられます。

・突発的な嘔吐

・下痢(水っぽい)

・発熱(高熱になるのは稀)

・吐き気

・腹痛

これらの症状は大人と子供で同じですが、

幼児や子供の場合、

特に嘔吐の症状が多い傾向にあります。

 

毎年冬になると学校や病院などでの

ノロウイルスの集団感染のニュースが

飛び交ったりしますよね。

ノロウイルスは感染力が非常に強いため、

家族や周囲の人たちも

注意が必要です。

 

お母さんは赤ちゃんのオツム替えの際は

十分に気をつけましょう。

便や嘔吐物を処理する時は、

必ず使い捨ての手袋マスク装着し、

処理後はしっかりとうがい・手洗いを行ってください。

 

 

 


気をつけるべきポイント

 

ノロウイルスに感染した場合の

注意すべきポイントについてです。

 


①脱水症状に気をつけ、水分補給をする

 

bousai_water

免疫力の低い乳幼児は

脱水症状を起こしやすいです。

体力を消耗させないように

水分と栄養補給はしっかり行いましょう。

 

・湯さまし

・イオン飲料

・経口補水液

・お茶

 

などを少しづつ回数を

多めにしながら摂取させて下さい。

常温か少し温めてから与えて下さい。

 

しかし嘔吐の症状が激しい

最初の6時間程度は水分を

与えても吐き出してしまうことも多いです。

 

その場合は病院に相談し、

点滴などにより治療を行うことも出来ます。

 


②消化の良い食べ物を与える

 

状態が落ち着いてきましたら

徐々に食欲もでてきますが

胃に負担をかけないような

食事をさせましょう。

 

・りんごのすりおろし

・おかゆ

・バナナ

 

これらの食べ物を食欲に合わせて

少しずつ与えていきましょう。

 


③ミルクや乳飲料、卵など刺激を与えるものは✖

 

 

治療中は胃の消化能力は低下しています。

刺激の強い食べ物や

下痢に結びつく食べ物は避けましょう。

体力が回復していきましたら、

徐々に与える食べ物を増やしていって下さい。

 


最後に

ノロウイルスに有効な治療薬は

実際にはありません。

回復するまでは食事に十分気をつけ、

安静に過ごすことが一番の治療法です。

異変に気がついたら早急に対処し、

症状がひどい場合は病院に相談しましょう。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
SponsoredLink

コチラの記事もオススメです♪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP