お花見のお菓子はこれがオススメ!簡単な3つのレシピをご紹介!【クッキー、お団子、マフィン】

この記事は2分で読めます


b9ac6ac5758cb23451c36f1b710098a6

出典:http://cookpad.com/recipe/2167958

 

お花見にはお菓子も欠かせません!

2014年のお花見にはお菓子でも

桜を満喫しちゃいましょう♪

今回はクッキー、お団子、マフィンの作り方を

ご紹介します!(ノ≧∀≦)ノ

 

スポンサードリンク

 

 


ピンクで可愛い!サクサクさくらクッキー

b9ac6ac5758cb23451c36f1b710098a6

出典:http://cookpad.com/recipe/2167958

とっても春らしい可愛いクッキーです♪

お花見に持って行ったら

テンションも上がることでしょう❤

【材料】

薄力粉・・・80g

片栗粉・・・30g

砂糖・・・40g

食紅(赤)・・・少々

牛乳・・・40㏄

サラダ油・・・30cc

 

【作り方】

①オーブンを170℃に予熱する

②薄力粉、片栗粉、砂糖、食紅をボウルに入れ、よくかき混ぜる

③さらに牛乳とサラダ油を入れてかき混ぜたら、手にまとめる

④生地を3ミリ~5ミリに伸ばしてから型抜きをする

⑤170℃のオーブンで15~20分間焼いたら完成!

 


桜の葉が香る♪さくらマフィン★

3d129ef51c78faeb1ba132a3738474d2

 出典:http://cookpad.com/recipe/1089014

 

桜を取り入れたお花見にピッタリのマフィン!

いつもとは違うマフィンを

作ってみてがいかかですか?(^^)

 

【材料】

薄力粉・・・150g

バター・・・100g

砂糖・・・100g

ベーキングパウダー・・・5g

卵・・・2個

プレーンヨーグルト・・・100g

桜の葉の塩漬・・・3枚

 

【作り方】

①まずオーブンを180℃に予熱しておく

②バターと卵は室温に戻しておく

③薄力粉とベーキングパウダーを合わせふるっておく

④桜の葉の漬物は水洗いをして、よく絞ったあとみじん切りにする

⑤ボウルにバターを入れ練ったあと、砂糖を加えてさらによく練る

⑥溶いた卵を3~4回に分けて、⑤の中に加えて混ぜていく

⑦ふるった粉と桜葉を⑥の中に加え、ゆっくりとかき混ぜる

(練らないように注意!)

⑧次にヨーグルトを加え、底のほうからしっかりとかき混ぜる

⑨マフィンカップに生地を入れ、空気を抜くために底をとんとん叩く

⑩180℃のオーブンで20~30分焼いたら完成!

 

 スポンサードリンク

美味しさ満点!お花見団子♪

abad78b0076b721204f8150985caf814

 出典:http://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/

 

よく見かけるお団子ですが

お花見用ということで桜を使っています♪

オススメのお団子です!

 

【材料】 

<団子>

上新粉・・・180g

片栗粉・・・大さじ1.5

砂糖・・・大さじ3

ぬるま湯・・・145ml

 

<ピンク>

桜の花の塩漬け・・・4個

桜の花パウダー・・・小さじ1/2

食用色素(赤)・・・少々

 

<グリーン>

桜の葉の塩漬け・・・2~3枚

抹茶・・・小さじ1

 

<ホワイト>

バニラエッセンス・・・少々

 

 

【作り方】

<ピンク>

桜の花の水洗いし、水気を絞り、みじん切りにする。

食紅は分量外の水で溶く。

<グリーン>

桜の葉を水洗いし、細かく切ったら抹茶と混ぜる

 

★竹串は水につけておきましょう

①<団子>の材料を混ぜあわせ、ぬるま湯を加える

②全体的に混ざったら手でこねて、3等分にする

③それぞれの生地にピンク、グリーン、ホワイトの材料を混ぜ合わせ、各8等分して団子を作る

④熱湯にお団子を入れていき、完全に浮いてきたら冷水にとって粗熱がとれたら水を切る

⑤最後に竹串の水気を切り、グリーン、ホワイト、ピンクの順でお団子を串にさしたら完成★

 

 

いかかでしたでしょうか?ヽ(*’-^*)

お花見にピッタリの可愛いお菓子なので

皆様是非とも作ってみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
SponsoredLink

Fatal error: Call to undefined function wp_related_posts() in /home/flowerpot11/mytrendhouse.net/public_html/wp-content/themes/sinka_free/single.php on line 115