美肌のための正しい洗顔方法~手を使った泡立て方のコツ~

この記事は2分で読めます


20080829_117272
 

美肌の基本は「洗顔」にあり!

洗顔を適当に行ってしまうと

肌の色々なトラブルの原因になります。

キメの細かい泡でしっかりと洗顔をして

美しい肌を保ちましょう。

スポンサードリンク

 

「正しい洗顔が出来ていますか?」

「洗顔」はスキンケアの基本中の基本です。

 

毎日行うものですが、意外と皆さん

正しい方法で出来ていないことが多いみたいです。

 

「忙しいからパパっと終わらせる!」

「特に気にせず適当に洗ってる」

って方が沢山いるかと思います。

 

確かに時間がない朝だとか

すごく眠い日の夜の洗顔の場合だと

適当に洗ってしまうのも無理はありませんよね!

私もそうです・・・(´Д`;)

 

しかし洗顔をしっかりとした方法で行わないと

肌荒れや黒ずみの原因になってしまいます。

 

ちょっとした意識の違いでも肌のトラブルは

どんどん積み重なっていくので

 

肌トラブルで悩まないためにも

日頃の洗顔にはちょっとした手間を

かけるように心がけましょう!

 

【洗顔の大事なポイント】

それは・・・・・・

キメ細かいモコモコ泡

しっかりと肌の汚れを落とすこと!」

 

肌の汚れは実際にはほとんど

目に見えません。

そんな汚れも泡がしっかり包み込んで

落としてくれます。

 

また、弾力のある泡はクッション効果があり

肌に摩擦を与えずに洗うことが出来るので

肌荒れを防いでくれます。

 

 

洗顔をするときはこの

キメ細かなモコモコ泡」を

しっかり作ることが大切です!

 

 スポンサードリンク

手を使って泡立てる方法

 

洗顔ネットを使って泡立てている方も

いるかと思いますが、手で泡立てる方が

よりキメの細かい泡を作ることが出来るんです。

 

時間に余裕のある時は

手を使う方法がオススメです。

 

ではやり方を動画で確認してみましょう。

洗顔

 

 

①手をしっかりと洗う、顔をぬるま湯でぬらす

 

 

手が汚れた状態で泡を作ろうとしても

上手に泡立てることが出来ません。

洗顔前にはしっかり手を洗って下さい。

また、顔はぬるま湯でぬらしてください。

 

 

【温度の目安】

脂性肌・・・32~36℃

普通肌・・・30~34℃

乾燥肌・・・26~28℃

混合肌・・・28~32℃

 

 

②洗顔料を泡立てる

 

 

手のひらに洗顔料をとり

ぬるま湯を数回に分けて

加えていき泡立てていきます。

 

 

③泡を転がすように優しく洗う

 

 

額や鼻のように脂っぽいところは、

指の腹をつかって丁寧に

ゆっくりと洗ってください。

ここで注意すべきなのは

絶対にこすらないようにすること!

泡で顔全体を包み込むイメージです。

 

④すすぎはすばやく丁寧に

 

1分を目安にして泡が残らないように

丁寧にすすぎます。

すすぎ残しはニキビの原因にもなります

ので、注意しましょう。

 

⑤タオルで水分を吸収

 

最後にやさしく水分を拭き取ります。

タオルはゴシゴシ擦るのではなく

肌にそっと置くようにして吸収しましょう。

 

 

動画を見ると結構簡単に出来そうに

思えますが、意外と泡立てるのが

うまく行かなかったりします。

 

 

泡立て方のコツですが

■手のひらにくぼみを作り、空気を入れるイメージ

 

■ぬるま湯をどんどん足してゆく

 

■手の指先で円を描くようにかき混ぜていく

 

この3つを意識して作るとフワフワの泡が

作れるようになります。

 

慣れるまでは難しく感じますが

毎日やっていくとすぐに作れるように

なります!

 

早速今日から始めてみましょう♪

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
SponsoredLink

コチラの記事もオススメです♪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP