矢島床子の矢島助産院の評判は?場所や費用について!

この記事は2分で読めます


母と子のサロン、矢島助産院。

そこで院長兼助産師として働いている

矢島床子さんが6月1日のソロモン流で

登場しますね!

多くの妊婦さんからの支持を得ている矢島床子さん。

助産院の場所や費用、評判について調べてみました。

スポンサードリンク


矢島床子とは?

 

矢島助産院の院長であり、助産師でもある

矢島床子さん。

現在69歳であり、今までに4600人以上もの

赤ちゃんを取り上げているようです。

矢島助産院の公式サイトにある

院長のあいさつのページでは、

このように書かれています。

 

助産とはお産の介助だけではない。

思春期から、妊娠・出産・産後・子育て・更年期と。

女性の一生を通してサポートし寄り添うことが、

本来の助産の目的だと思っています。

そのために、身近な地域で活動できる助産を

目指したいと思っています。

“女性とともにあり、女性らしく生きる”をモットーに、

女性に寄り添っていきたいと思っています。

 

このような考え方が多くの妊婦さんの支持を得ている

理由なのでしょうね。

 

矢島助産院では、多くの助産院で使用している

分娩台は使わずに、畳の上で出産が行われます。

このスタイルとても独特ですよね!

 

しかも、妊婦さんの好きな体勢で出産出来たり、

旦那さんだけではなく、お子さんなどの小さな子供も

一緒に出産に立ち会うことが出来るといいます。

そしてなんと自宅出産も可能なのだとか!

 

一般的なイメージでは助産院で出産している

感じだけれど、安心感のある自宅で産むことが

出来るのは、なんだかとても魅力的ですね。

 

また、矢島助産院では産後のケアも

充実しています。

アロマオイルでのマッサージや、

おむつの替え方、抱っこの仕方、

授乳の仕方などの育児のサポート、

退院後の体重測定や胸のサポートなど

しっかりとケアしてくれます。

 

スポンサードリンク


矢島助産院の評判は?

 

女性のことを優しくサポートする

心遣いがとても人気のようです。

そのため、なかなか予約が

とりづらいみたいですね

 

今回ソロモン流に取り上げられたら、

また人気があがりそうですね!

 


矢島助産院の場所は?

住所


〒185-0022
国分寺市東元町1-40-7
 


矢島助産院の費用はいくら?

 

ホームページではこのように料金設定されています。

妊婦健診:5,000円

出産費用:420,000円+α(夜間料金等)

母乳相談・乳房ケア:4000円+α(必要物品代)

育児相談:3000円

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
SponsoredLink

コチラの記事もオススメです♪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP