冬至にはゆず湯!ゆず湯のやり方、効果・効能は?

この記事は2分で読めます


 

2013-12-21_175907

日本では昔から「冬至」にゆず湯で入浴する習慣があります。

ゆず湯によって血行が促進され、冷え性の改善風邪の予防

ビタミンCにより美肌効果も期待できます。

ゆず湯のやり方、効果・効能についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

冬至とは・・・?

冬至とは、北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日のこと。日照時間が最も短くなるため、1年で最も昼が短く、夜が長くなります。

冬至は陽の光も弱く、この日を境に日が長くなっていくため、冬至を太陽が生まれ変わる日ととらえ、世界各地で古くから冬至の祝祭が盛大に行われています。

引用元:http://kids.goo.ne.jp/seasonevent/december/1.html

 

いいことだらけのゆず湯の効果♪

2013-12-21_185002
 

ゆず湯に入ると1年間風邪を引かないと言われています。

血液の循環が良くなるので「腰痛」「肩こり」「冷え性」に困っている人は必見です。

これだけでも嬉しい効果ですが、ゆずの皮に含まれるクエン酸

ビタミンCによって美肌効果もあるんです♪

そしてらさらに芳香によるリラックス効果もあるので、

心を落ち着かせたい人、熟睡したい人にもおすすめです。

 

ゆずの他にも「塩」を使うことで

身体がポカポカになりますよ。

「塩風呂」で身体がポカポカに!

 

ゆず湯のやり方

prl1312121109023-p2

 出典:http://www.sankeibiz.jp/business/news/131212/prl1312121109023-n1.htm


方法① ゆずをまるごとお風呂の中へ

1~2個だと香りがほとんどない状態なので

沢山入れるようにしましょう。

沢山入れるのは難しいという人は、ゆずの皮に

切り込みを入れたり、削ることで香りが広がるように

なるので試してみて下さい。

 

 

方法② 半分にカットまたは輪切りしてから入れる

この方法だと香りもよく広がります。

種などが果肉がでるのが嫌な人は、ガーゼなどの布袋に包んで

お風呂に入れると良いですよ(^^)

 

方法③ 絞り汁をお風呂に入れる

大きめのボールにゆずを入れて、熱湯で20分ほど蒸らします。

覚めたらゆずを袋に入れて絞り、汁をお風呂の中へ入れて

完成です。

 

最後に

ゆずには色々な効果がありますから、

冬至以外の時期にも、アロマや入浴剤を

使って日々効果を実感してみるのもいいかと

思います。

冬におすすめのアロマはコチラ

寒い冬は身体のケアだけではなく

心のケアも必要になってきますから

自分の状態に合わせて入浴を楽しみ、

改善していきたいですね!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
SponsoredLink

コチラの記事もオススメです♪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP